行方、知レズ(仮)

日常について気ままに書き綴ります。 ~あるAlto吹きに魅せられた女のSax Life★Lesson記録も~

Profile

Name:Ca23  

more info …
さあ、今日は何をしようかな…。

なんていうのは、今は昔。
考えてみれば嬉しい悩みだった。

学生というモラトリアムを卒業し、
社会人として生活を送る日々。

いくつもの選択と判断、
そして決断を重ねた結果が
現在。
きのう、きょう、明日と
それはこれからも連続していく。

PCに向かい合う毎日、
季節の移り変わりを
肌で感じることもない、
暦を見て季節を知る。
時間の流れも...
…1010101010101010………
全てが
無機的な世界。

そこに見出す自分の存在意義とは。

============================

なんて言っていますが、
そんな生活に潤いを
与えてくれるモノ。

それが、音楽。

私、実は隠れGOSMANIAです。
普段の生活では
そのかほりは出してません(笑)
消し去っています。
たぶん。

最近は・・・
専らSaxに魅せられてます。

音楽ってすばらしい!

============================
旅とか、ライブとか、
バラバラに書き留めているので
のろのろですが、
できるだけまとめて
UPしようと考えています。
その際は
コトがあった日付のところに。



2017年08月 << >>

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ヒトメボ

Archive

Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.28 SunLesson3 ~口元が笑ってる

これからは月2回ペースくらいで
コンスタントにレッスンをしましょう
ということになりました。

まだ、レッスンだと3回目なんだ。
いっぱい顔は見てるんですけどね(笑)




最初は、私がひとりで音を出してみて
その状態を見てからいろいろと指導が入ります。

1つのことに気を取られ過ぎると
また別のところが疎かになってしまい、
毎度のことですが
今日も何度「違う」と言われたことか(笑)


本日のテーマ
いい音が出るアンブシュアでロングトーン


指摘されたこと
(いろんな状態のアンブシュアで試行錯誤のため音を出す度に;)
・アンブシュアが深い。
・リードの鳴っている位置が下過ぎて 音が「べー」っとしている。
・口を尖らせない。
・顎を前に出さない。
・噛んでる(リードの振動を邪魔している状態) 
 →下唇の状態をいろいろと矯正されました。
  巻いた状態ではないけれど、クッションみたいな状態?
  ・・・文章化するのが難しいです。
・発音の裏返り
 →丁寧に息を吹き込む
  100%ではなくて80%くらいで、余裕を残した状態が理想。
  オーバーブロウ?してると音が「ビャー」って鳴っていまい良くない。
・自分の出したい音をイメージして吹く。
  何も考えずに、ただむやみに吹かないこと。
・複式呼吸
 →「いい」と言われたアンブシュアを崩すまいと
  鼻から息を吸ったら、キツく注意されました。
  「絶対にやめて!」と。

練習課題
・一番楽な「G」から半音ずつ上げてロングトーン。
 ロングトーンのバリエーションを教わったのでそれを。
・そのとき、自分のポイントを探って、その音とアンブシュアを覚える。
・発音の裏返りをなくす。
・だんだんピッチが上がる、音の揺れをなくす。


音色の状態なので言葉にして説明するのが難しいらしく、
擬音語の多用でミスター状態になっていました(笑)
指摘したら、今度は片言になって
「Yes」カ「No」ノオト、ドッチカネ~
って、確かに間違いではないけど~、
って、オイッ!!(笑)
等と、やりながらも真剣です。

私はその場にいるので、
どんな状態か ちゃんと分かってますが・・・
これを読んだだけの人はきっと分からないだろうなぁ(汗;)

途中、真剣になりすぎて
その動きがあまりにも面白くて(失礼;)
笑うのをこらえながら、アンブシュアをしていたら
「口元が笑ってるよ。」
との指摘が。。。
アンブシュアの状態を
いろんな角度から確認するためなんですけど・・・
そんなに周りをウロウロされたら笑っちゃうって!

「オレだって、笑ったら吹けないYO!」って
そりゃそうでしょうよ(笑)


小さい音は難しい!
ロングトーンをだんだん小さい音にして切る
ことをやったのですが...

小さい音を出そうと思うと
見事なまでに「シュカー」っと息が抜けるだけでした。
あんなに小さな音出せません。
私がやるとリードが全く振動しないんです。

小さい音になれば、アンブシュアも変化するそうで
口の具合と息の均等がとれていないと
リードが鳴らないそうです。


変な癖をつけると後で直すのに苦労するとも。
どうやら昔、
高音になるとアゴを出す癖がついていたらしく
ピッチのバランスが悪くなってしまい、
そこからの悪循環で
低音になるとアゴを引いてとなっていって
直すのに苦労した、と。


息が効率良く使えている状態だと、リードがうまく振動する。

「いい!」音が出ているときは
息を吹き込んでも楽な状態です。
息がきちんと通っている状態で
リードも振動していて苦しくないんですが、
「違う!」音のときは
音は出ているものの音が揺れ、
息の通りが悪く苦しいことが多い
ということが分かりました。


次回は。。。
「いい音」の他にも
譜面の読めない私、たぶん読み方を教わります。
10年前の記憶を呼び起こすまでもなく(汗;)
思い出したところで・・・
解っていません、そのルールを(笑)

リアルに出来ないのに、
先生にふざけてると思われて
音楽「2」をつけられた人間ですからねぇ~
女子なのに;

中学の音楽の授業以来、楽譜見てません。
見たところで
トラウマ的に頭に入ってこないんですよね;
どうなるんでしょうか。。。アハハ;






余談ですが、ここからは
週末の某ライブのネタばれ???
限られた部分になりますが・・・
よって、反転してあります。


バンドは
tpの城ちゃん、カワサキさんがスイッチで
全編SOYバンドになります。
大阪遠征もあり、どうしてもアルトという曲が
ないので持ち替えなしテナーのみでいくとのこと。
機材車に楽器を預けるのも・・・、
テナー→アルトで何回も持ち替えすると
アンブシュアが崩れて吹きにくいということもあるみたい。
ということは・・・あの曲や、あの曲が・・・ですね。

今日の時点ではSOY部分はリハ済みの模様。
まだ、セッション部分・J&S部分は
音源だけもらった状態で楽譜は見てないみたい。

なんだかんだで
テナーで全編通すのはけっこうレアなので
面白いなぁと思います。





スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。