行方、知レズ(仮)

日常について気ままに書き綴ります。 ~あるAlto吹きに魅せられた女のSax Life★Lesson記録も~

Profile

Name:Ca23  

more info …
さあ、今日は何をしようかな…。

なんていうのは、今は昔。
考えてみれば嬉しい悩みだった。

学生というモラトリアムを卒業し、
社会人として生活を送る日々。

いくつもの選択と判断、
そして決断を重ねた結果が
現在。
きのう、きょう、明日と
それはこれからも連続していく。

PCに向かい合う毎日、
季節の移り変わりを
肌で感じることもない、
暦を見て季節を知る。
時間の流れも...
…1010101010101010………
全てが
無機的な世界。

そこに見出す自分の存在意義とは。

============================

なんて言っていますが、
そんな生活に潤いを
与えてくれるモノ。

それが、音楽。

私、実は隠れGOSMANIAです。
普段の生活では
そのかほりは出してません(笑)
消し去っています。
たぶん。

最近は・・・
専らSaxに魅せられてます。

音楽ってすばらしい!

============================
旅とか、ライブとか、
バラバラに書き留めているので
のろのろですが、
できるだけまとめて
UPしようと考えています。
その際は
コトがあった日付のところに。



2017年10月 << >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ヒトメボ

Archive

Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.11 Sunしゃべりで押すバンドです

そんなこともあり、
アンコールは巻きで(笑)
出演者自ら「アンコール~」と言い出し
誰もステージから去らずに
そのままアンコールに突入する形でした。


Live Data

2007/02/10(Sat)
荻窪ROOSTER
open 19:00 start 20:00 charge 2,500yen

【Tommy Child】
TOMMY(vo. from BETCHI'N)
渡辺ファイアー(as)
音川英二(ts)
近藤和明(pf)
石井完治(g)
斉藤"TAK"貴之(b)
波田野哲也(ds)

ゲストコーラス:
大島レイコ、Maiko、ちぴろ

Set List
< 1st >
1. You've Got A Friend / Carole King
2. Love the One You're With / Stephen Stills
3. Rainy Night In Georgia / Tony Joe White
4. Jealous Guy / John Lennon (Donny Hathaway ver.)
5. What is Hip / Tower Of Power

< 2nd >
1. Once You Get Started / Rufus/Chaka Khan
2. Let's Stay Together / Al Green
3. Gravity of Love / TOMMY
4. Same Old Blues / Freddie King
5. Love and happiness / Al Green(Graham Central Station ver.)

< en >
1. Watch Me Guide Me / TOMMY(The BAND 風)


貰ったセットリストを元にしているので
曲自体と~ver.部分は記載があり
間違いはありませんが...
オリジナルは誰?というところが
もしかすると怪しいかもしれません(汗)

文にするのが面倒なので箇条書きで勘弁。
思い出した順なので、ライブの流れに沿ってません;
基本、TOMMYさんの喋りを中心に演奏についてもちょこちょこと。

・10分以上に及ぶその場で思いついたメンバーの呼び込み
 音で自己紹介して下さい。(名前を表現)
 テナーサキサフォーン(空気がヌケヌケで)
 音川さんの締め金(リガチャーのことを指している)が
 新しくなったのでその響きを堪能して下さい。
 渡辺'火事'ファイアー
・演奏を主体としたバンドとして結成されたのですが、
 喋りが多いことも否めない・・・
・誘い笑い
・お客さんイジリの際に
 とりあえず、知っている限りのことを言ったらそれっぽくなるかなぁ~なんて
・TOMMYの無茶ぶりに応える各メンバー
・TOMMYのフェイクとA.Saxの掛け合い
 マイクを左右に振る動きに大笑い、でもかっこいいアドリブで応える
・Love the One You're With の終わり方
 どこまでついてくるかなぁ~って
 というTOMMYの引っぱりで微妙な終わり方に。
・「渡辺君、あれだね~、けっこういろんなこと出来るじゃん
  渡辺君、ホント機転きくね~」のフリに
 「学校行ってるんで」と答える渡辺君
 ファイアーさん、自分のバンドではないですが
 ちょこちょこ突っ込み入れてましたね。
・MC中ケータイが鳴り、店長の指示(お客様のお話優先)に従う
・道程があるでしょう、道程がね。。。
 F「2回言ったら考えてくれってことでしょう?それはフリですよ。」
 T「渡辺君、鋭いよね」
 F「学校行ってるんで」
・Tommy Child 的新曲
 「嫉妬男」Jealous Guy を指す(要は新しいレパートリーってこと)
 Donny Hathaway のやった雰囲気で
 このソロで完治さんの姿がやっと見える
・音川師匠の好物は?
 缶コーヒー
 Fire の炭火焼き / UCC の有機栽培の・・・
・ケツは何?
 近藤さんの熱いソロ、リズム?を口ずさみながら弾く人。
 前回 C&R が失敗に終わった曲、今回はコーラス隊に振る。
 どんどん熱くなる音川さんとファイアーさんの掛け合い。

・Once You Get Started
 ここでもどんどん熱くなる音川さんとファイアーさんの掛け合い。
・告知
 各自のHPを見ろという無言のプレッシャーに負ける。
 HPにテキトーな名前をつけるTOMMY
 月刊音川新聞、テツの部屋、近藤です etc...
・世の中には見えなくてもいろんな人がいろんなことをやっているんです。
・Let's Stay Together
 完治さんソロ、また見えた(笑)
 曲の終わりにマイクがぽろりもスタンドに上手く引っかかる。
・ホーキンス宇宙を語る
 T「愛する人の重力に引きつけられてしまうよ、という曲を・・・」
 F「そんなの知ってるよ」
 T「知ってることを歌にしてるんだろぉ、みんなぁ」
 こんなにのしかかられても。
・イヴと本番の日
・完ちゃんと絡んでみたい Same Old Blues
・Love and happiness で全員ソロ
 ここでもまたどんどん熱くなる音川さんとファイアーさんの掛け合い。
・TAKさんのソロ
 あまりやらないんですが・・・この日はちょっと長かった?
 「バッキングは最高なんですよ~」とはTOMMY談
・自らアンコール
・練習してないので、コーラスはう~とかあ~とかで


・席はSax隊の目の前(笑)
 が、しかしですよ。
 肝心の右手が全く見えませんでした。
 両手が見える正面より若干左よりがベスト。
・終演後、楽譜を見せてもらってビックリ
  Gravity of Love という TOMMYさん曲があるのですが、
 楽譜に記載されていたのはコード進行のみ。
 それだけで曲が演奏できてしまうなんて信じられません。
・音川さんのNEWリガチャーも見せてもらう。
 セッティングが難しいらしい。
・この2Saxになると個人的にかなり熱い。

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。