行方、知レズ(仮)

日常について気ままに書き綴ります。 ~あるAlto吹きに魅せられた女のSax Life★Lesson記録も~

Profile

Name:Ca23  

more info …
さあ、今日は何をしようかな…。

なんていうのは、今は昔。
考えてみれば嬉しい悩みだった。

学生というモラトリアムを卒業し、
社会人として生活を送る日々。

いくつもの選択と判断、
そして決断を重ねた結果が
現在。
きのう、きょう、明日と
それはこれからも連続していく。

PCに向かい合う毎日、
季節の移り変わりを
肌で感じることもない、
暦を見て季節を知る。
時間の流れも...
…1010101010101010………
全てが
無機的な世界。

そこに見出す自分の存在意義とは。

============================

なんて言っていますが、
そんな生活に潤いを
与えてくれるモノ。

それが、音楽。

私、実は隠れGOSMANIAです。
普段の生活では
そのかほりは出してません(笑)
消し去っています。
たぶん。

最近は・・・
専らSaxに魅せられてます。

音楽ってすばらしい!

============================
旅とか、ライブとか、
バラバラに書き留めているので
のろのろですが、
できるだけまとめて
UPしようと考えています。
その際は
コトがあった日付のところに。



2017年08月 << >>

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ヒトメボ

Archive

Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.05 Mon濃厚SOUL汁

Live Data

2007/02/04(Sun)
スイートベイジル STB139
open 17:00 start 19:00 charge 5,500yen

【SOUL POWER presents SOYSOUL with JAYE & SILKY】
*JAYE & SILKY
JAYE公山(vo)
SILKY藤野(vo)
*SOYSOUL
ZOOCO(vo)
Caize(vo)
K-WON(rap)
丸本修(b)
PHILIP WOO(key)
Ken Keng(per)
竹内勝(ds)
渡辺ファイアー(T.sax)
K-Muto(key/prg)
城谷雄策(tp)

*サポート
佐藤純朗 (g)
川嵜 淳一(tp)
小坂武巳(tr)

*オーガナイザー???MC???
村上てつや(vo. from The Gospellers)



Set List

<1st>~JAYE & SILKY with SOYSOUL~
SOY Band(Horn section: 渡辺ファイアー,川嵜 淳一,小坂武巳)
0. Opening
1. Play Girl
2. 君の答えが欲しいから
3. 見えない糸
4. Always & Forever /(Luther Vandross ver.)
5. Your Name Is,,,,,,,
6. Take Me To Your Paradise

<2nd>~SOYSOUL~
1. Samurai Funk
2. Spiral
3. Can't Stop
4. とこしえの花
5. SOYSOUL
6. Why Don't You...?

呼び込み inst Soul Power ~
<3rd>~SOYSOUL with JAYE & SILKY~
1. A Night To Remember / Shalamar
2. My, My, My / Johnny Gill(The Whispers ver.)
3. Can't Give You Anything(But My Love) / Stylistics
4. Ain't No Mountain High Enough /

<en>
1. His Eye Is on the Sparrow / Gospel traditional (JAYE&ZOOCO&PHILIP)
2. I Want to Take You Higher / Sly & The Family Stone (出演者全員)


この日は午前中にオーバーホールからあがった楽器を取りに行ってから、
六本木に向かいました。

整理券配布の時間は15:00からということで
1時間前で充分でしょっ、
と考えた私たちが甘かった。
六本木をぶらぶらしようと思って、早めの到着。

とりあえず、様子でも見とくかぁと思い、
STBに足を向けるとそこには遠目でも確認出来るほどの列が既に…
道路にはみ出さんばかり…。
おとなしく並びました。

その途中で、
気付いたら某メンバーが目の前を歩いていたのですが、
整理券の列も見え人も多かったので、
悪いなぁと思い、声は掛けませんでした。
それにいつもと違う雰囲気だったから(笑)

整理券配布の際に
店内からリハーサル音が漏れて聞こえテンションが上昇。
自然に身体が動いていた、周りのみんなも(笑)
期待は膨らむばかり。

17:00 入場
私たちが案内される頃には前方のテーブル席は7割くらい埋まっていた。
まだ誰も案内されていなかったステージ上手側のカウンター席に落ち着く。
ステージと同じ高さ。
立ち上がると目線が出演者と同じ。
いつもより後ろめにセッティングされている
HORN Sectionもバッチリ。
さすがに音のバランスはよくなかった。
場所をとってしまったため致し方ないが。
スピーカーを背中に背負うような場所だったので
HORNは生音、
K-Mutoさんのシンセはモニターの返しの音が聞こえていた。
しかし、角度はバッチリ。
誰が重なって見えないということもなく、
よくライブの写真で見かける好きなアングルだった。

待ちに待った SHOWのスタート
SOYバンドとともにSOULPOWERのオーガナイザーでもある
村上氏がMCとしての登場。
今回はスーツでしたが、
インナーもアクセ類も
ZOOCOソロのときと同じだったかな。
会場を盛り上げます。
村上氏の呼び込みでJAYE&SILKYの登場。

<1st>
初めて生で聴くJ&S
スゴイ。。。
SILKYさんのファルセットと
それに絡み合うJAYEさんの歌声。
喋ればおもしろいし、歌えばなんともソウルフル。
ただただ、あっけにとられるばかり。

<2nd>
ここで再びMC村上氏の呼び込み。
本日、ホストとなるSOYの登場。
のっけから魅力満載。
ご機嫌なFUNK チューン。

<3rd>
この日の一番の見所、セッション。
会場も一段とヒートアップ。
お互いをこれでもかと引っぱり上げる。
笑えるし、鳥肌ありの迫力のステージ、
SOULが溢れていました。

ここからは、極々個人的な視点なので悪しからず。。。
適当に読み流して下さい;
J&S初体験でその歌声に圧倒されていたため記憶が抜けてます;
・小倉さんは急病のため、
 丸さん、Ken Keng の「Afrika」繋がり&その他諸々の理由
 でギターは佐藤純朗さんに。
 ずっとビール片手に気持ち良さそうに演奏してました(笑)
・オープニング曲の「Play Girl」は座りで聴いてしまったけど、
 立ち上がって踊りたかったぁ。
・ファイアーさん、1stのJ&Sでいきなりソロがあって
 まさかと思ったが...かなりソロ吹いて目立ってましたね。
 今回、最多ソロか?と思いました。
 本職ではないテナーであれだけのおいしいソロ。
 この日は何人がまたダマされたのだろうか(笑)
 SOYでは喋らないからね(笑...)
 テナーでもやはりファイアーサウンドでした。
・「Always & Forever」では、JAYEさん × Sax 掛け合いもあったり。
 厭らしいC&Rをさせられたり(笑...)
・J&Sさんの言う、地響きのする歓声って?
・キミを愛してる、キミも愛してる(笑)
・J&Sはホーンががっつり
 3管になると音の厚みが違う、
 ホーンセクションはこうでなきゃ。

SOYは盛り上がってる中でも
意外にも落ち着いていて。。。(笑)しっかり聴けてました。
慣れなのかな。。。
・やっぱり好きなZOOCOの歌
 ZOOCOの歌を聴くと元気になれる。
 それが、SOY にハマった一番の理由。
 この日の衣装は背中が開いていてゴージャス&FUNKY。
 前回はかわいいZOOCOでしたが、
 SOYである今回はカッコ良かった!!
・相変わらず歯のないCaize
 歯が入る日を宣言していたので、次はちゃんと歯があるようです。
・「今日は組の総会ですか?」
 大阪で用意されたスーツは手が挙がらなくて「ごきげんよう」状態だった。
 よって、自前のスーツです。
 めちゃめちゃJUMPしまくってました。
・「Can't Stop」のフリ
 I Can't Stop × 2 でSaxを吹いたまま右手を離してのフリはスゴい。
 楽器は口と右手で支えてる状態のハズ・・・
 テナーで相当重たいハズなんですが・・・フツウ離せませんよ。
・遠足状態のSOY SOUL ですが・・・
 城ちゃん会場に忘れられてしまうなんて話も。
・ソプラノではない「とこしえの花」は貴重!?
 そもそもテナー1本と聞いたときに
 この曲は真っ先にやらないだろう、と思っていたので。
 テナーのいつもと違う感じも良かったけど
 「とこしえ~」はソプラノの方が合うかなぁ~。
・指使いの次は舌使い(K-WON)
 この日のPHILIPの「SOY SOUL」でのソロ、ツボでした。
 終演後、快く握手してくれました。
 ここでもファイアーさんソロで、舌使い(笑)
 JAYEさんにハードルを上げられてしまった丸さん、歯でイク。
 C&R 最近だんだん難しくなっているような。。。面白いけどね。

ここからのセッション部分は記憶が激しく曖昧、
ただ楽しかったのだけは間違いないことは確か。
・「My,My,My」は口説き対決
 Caizeもなかなか良かったけど、JAYEさんの方が数枚上手(笑)
 ホテルのキーを目の前で振り回された日にゃ...ね。
 Caizeは階段を踏み外してコケるし、
 ゲラゲラと大笑いしてしまった。
 セットリストで確認すると
 「My,My,My」のあとに「Rock The Fire」をやっていたので。
 10月に聴いた「My,My,My」はホーンなしver.だったハズ。
 私は今回のver.の方が好きだなぁ。
・「Can't Give You Anything(But My Love)」
 川?さんのハイノートとSILKYさんのファルセットが冴え渡る。
 K-WON「Stay」のリリックをそこに入れてくるんだ!
 かっこいいです、兄さん。
・個人的に川?さんとC&R
 「 Ain't No Mountain High Enough 」ではなぜか
 川?さんと「ららら~」とやっていた連れと私。
・JAYE&ZOOKY?
 「His Eye Is on the Sparrow」には鳥肌。
 JAYEさんとZOOCOでツアーをまわるとか何とか。。。
・村上氏、再々登場
 「I Want to Take You Higher 」ではMC村上氏も混じってのC&R
 はじめなかなか上手く行かず、
 自分が出て来てこれはマズいとかで
 めちゃめちゃ煽ってました(笑)
・最後の挨拶にちと不満
 出演者みんなが手をつないで挨拶する部分で
 なぜかホーンセクションだけ別枠だったことがちょっと残念。
 ステージ幅にはまだ余裕もあったし、どうしてだろう?と。
 最後にちゃんと前に出て挨拶してくれましたが・・・
 一緒にステージ作った仲間だろう、と言いたい。


J&Sの歌のパワーに圧倒され、
SOYのバンドとしての音の魅力を再認識。
あのセッションが聴けてオナカイッパイ、ムネイッパイ。
東西の熱いSOUL汁が混ぜ合わされた濃厚な夜。

面白い企画なので、ずっと続けていってほしいイベント。
私は代々木みたいな大ハコでなくて、
このくらいのサイズがいいなぁ。
代々木のときは、アリーナ後方にはなんとも温度差が・・・
でも、チケット取れないか・・・
その辺りのバランスは難しいところですね。

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。