行方、知レズ(仮)

日常について気ままに書き綴ります。 ~あるAlto吹きに魅せられた女のSax Life★Lesson記録も~

Profile

Name:Ca23  

more info …
さあ、今日は何をしようかな…。

なんていうのは、今は昔。
考えてみれば嬉しい悩みだった。

学生というモラトリアムを卒業し、
社会人として生活を送る日々。

いくつもの選択と判断、
そして決断を重ねた結果が
現在。
きのう、きょう、明日と
それはこれからも連続していく。

PCに向かい合う毎日、
季節の移り変わりを
肌で感じることもない、
暦を見て季節を知る。
時間の流れも...
…1010101010101010………
全てが
無機的な世界。

そこに見出す自分の存在意義とは。

============================

なんて言っていますが、
そんな生活に潤いを
与えてくれるモノ。

それが、音楽。

私、実は隠れGOSMANIAです。
普段の生活では
そのかほりは出してません(笑)
消し去っています。
たぶん。

最近は・・・
専らSaxに魅せられてます。

音楽ってすばらしい!

============================
旅とか、ライブとか、
バラバラに書き留めているので
のろのろですが、
できるだけまとめて
UPしようと考えています。
その際は
コトがあった日付のところに。



2017年09月 << >>

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ヒトメボ

Archive

Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.26 MonLesson5~若干KENNY,G的な…

アンブシュア。
そう、斜めなんです。


とういわけで Lesson Start .



本日の課題
いい音の音域を広げましょう♪

いつものように、まずは音を出してみます。

で、開口一番
「斜めだなぁ~、なんかKENNY Gみたい。」でした。


そう、問題のアンブシュア。
歯並びの関係上、
前歯をマウスピースに両方付けようとするとキツくて、
片方の歯だけで少し右にずらして構えた方が
しっくりするんです。
息も楽に入る。
しかも、そっちの方がどうもよく鳴る。
それがここ数週間の自主練で導き出された結論です。

「正しい奏法はあるけど…。」
プロとして食べていくわけではないし、
ということでこのままいくことになりました。
後で負担が掛かりすぎてイタイとかなければ…いいけどなぁ…。
と心配されながらも。

今までの生活でも私の片方の前歯は
あまり使われてなかったし
問題ないかなと。
イーとやると、片方は下の歯にキレイ付きません。
空間ができてます。
ぱっと見は、判らないみたいですが…。

まさか、こんなに問題になるなんて(汗)
矯正イヤがらずにしておくんだった。


前回のレッスンから激しく迷走中だった音質も
割と安定して同じ音が出るようになったようで、
あまりにもストイックに取り組んできた(笑)
Gの音にはO.K.がでました。

これからは鳴る音域を広げていきます。
ということで...
はじめから下の音は出ていたので、
上にあげていくことに。
せっかくなので前回習ったGのスケールを。

その結果…。
G→○
A→○
B→△
C→x
D→x

私が○なのはたった3音。
はじめの頃はC/Dは詰まりやすいそうです。

オクターブキーを押した途端、
別人が吹いてるみたいになっているのが現状。
粒がそろうのはかなり時間がかかるとのこと。
自分でもそうだったみたい。

まずは、C/Dをメインに1オクターブが目標。
音を順番に吹かないと目的の音がでないため
出したい音を一発で出すのも合わせて。


タンギングを忘れない。
ひとつをやると他のことが疎かになってしまい、
途中からスラーで吹いていました。

「それじゃあ、ドラムなんて無理だなぁ~」
「譜面読みながら足でリズム取れないだろぉ?(笑)」等
と突っ込まれながら…。

指摘されなかったら、気付かないところでした。
タンギングを忘れているということに・・・

タンギングをしながら再度Gのスケールに挑戦。
先程とは違い、C/Dがある程度抜けた音になりました。
まだ鳴るとはいえませんが、
詰まりは多少改善されていました。
『舌使い。』
これ、重要ですね。

今回は前回に比べて
「違う」と言われた回数が激減。
ちょっと進歩したのかな?
自分でも音質が違うのが判るようになってきたので
発音したときに「違うな」と思ったらすぐに止めて
鏡を見て調整するようにしていました。

調整後だったので
楽器を交換して吹いて確認してくれて
バッチリのお墨付きをもらいました。

あまり吹き込んでいないため
まだまだキーが重い・・・
自分で音を創っていけるということでもあるので
はやく楽器を馴染ませたいと思います。


*指摘されたこと
・アンブシュアが斜め
・Cから上(オクターブキーを押した音)が苦しい音
・タンギングを忘れている
・のどで切らずに舌で音を切る
・今の状態よりアンブシュアを深くしない
・時間が経つとアンブシュアが崩れて唇が前に出る


*練習課題
・スケール&運指の練習
・音の揺れをなくし、ピッチを保つ
・C/Dをメインに1オクターブ
・ミドルは出したい音を一発で

奥深し、ロングトーン

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。