行方、知レズ(仮)

日常について気ままに書き綴ります。 ~あるAlto吹きに魅せられた女のSax Life★Lesson記録も~

Profile

Name:Ca23  

more info …
さあ、今日は何をしようかな…。

なんていうのは、今は昔。
考えてみれば嬉しい悩みだった。

学生というモラトリアムを卒業し、
社会人として生活を送る日々。

いくつもの選択と判断、
そして決断を重ねた結果が
現在。
きのう、きょう、明日と
それはこれからも連続していく。

PCに向かい合う毎日、
季節の移り変わりを
肌で感じることもない、
暦を見て季節を知る。
時間の流れも...
…1010101010101010………
全てが
無機的な世界。

そこに見出す自分の存在意義とは。

============================

なんて言っていますが、
そんな生活に潤いを
与えてくれるモノ。

それが、音楽。

私、実は隠れGOSMANIAです。
普段の生活では
そのかほりは出してません(笑)
消し去っています。
たぶん。

最近は・・・
専らSaxに魅せられてます。

音楽ってすばらしい!

============================
旅とか、ライブとか、
バラバラに書き留めているので
のろのろですが、
できるだけまとめて
UPしようと考えています。
その際は
コトがあった日付のところに。



2017年10月 << >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ヒトメボ

Archive

Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.04 MonアキバでAKB48を観た

慣れないことをしたので
尋常じゃない疲労です。

周りが若すぎでね(笑)

女性限定公演というか、女子だよね。
だって、中学生高校生が9割くらい?かな。

若さに中った感じ(笑)

公演が終わる頃にはもうクタクタでした。
座っていただけなのに。

若い子はホントにパワフルです。
羨ましい限り。
自分の衰えをしみじみと秋葉原で実感。。。


そうそう
私が観たのは、チームA5th「恋愛禁止条例」という公演です。

休演の方々は、コチラ↓
板野友美・小嶋陽菜・中田ちさと・藤江れいな・峯岸みなみ・篠田麻里子
研究生が6人とK、Bからもメンバーが参加していたらしい。

抽選での呼び出しが想像以上に早くて驚いていたら、
移動の列に置いてかれそうになるは、
劇場の中に入ったらその独特の雰囲気に飲まれるは、
で、まさかの席に着座してしまうという…。
あわあわ状態が続いておりました。

そしたらねぇ、
ステージが近くて、もう笑うしかなかったです。

踊っている最中に
イヤリングが外れて飛んだり、
ピンが外れて髪型が崩れる瞬間とか
肩の虫さされとかetc...

普段なら見えない部分、気づかない部分が見えてしまうという
すばらしい距離感でした。

ある程度予習はしていたので
メンバーは一応認識できたし、流れは掴めていたものの・・・
独特なリズムの手拍子とか振りとか分からん(汗)
それなのに、こんなとこ座っててごめんね。
という肩身の狭い状態。。。


公演を観た率直な感想は、、、

若いね~。

アイドルだね~。

感心してしまいましたよ、お姉さんは。

ですね。

女性限定だったということもあり、
通常公演の雰囲気とは
また違ったのかもしれないですが。


ただ、MCは…残念な感じでした…。
終始グダグタでね~。
でも、またそれも可愛く見えたりするんですよ(笑)

空気の子あり。
カミカミの子あり。
話がまるでまとまらない子あり。
で、結局は尻切れ的な(笑)

上手くまわせる子もいるとは思いますが、
せっかく歌と踊り以外に自分をアピールできる場なので
勿体ないかなぁと感じました。

普段観ている方々と比較してしまった私が
悪いのですけれど・・・

客席の反応を見て、トークを切り替えていく、
何を話しても最後には上手いことまとめる
というのは長年の経験の違いかなぁとは思います。

ダメなのが徐々に成長していくというのも
また魅力と思ってみたり。
まだまだ若いんですしねー。


楽曲は、
普段聞き慣れていない感じで
私の耳にはとても新鮮でした。

歌声が可愛くて、
歌詞の内容とかも
アイドルですねぇ~。

あれだけ激しく踊っているのに
生でちゃんと歌えてる子もいるのねー。
と、感心してみたり。

アイドルだし、
聞くに堪えないとかじゃないんで
歌唱力は気にしません。
雰囲気があればいいかなぁと(笑)


そして、
オフィシャルの写真で見るのと
劇場で生で見るのとは大違いでした(笑)
実物みんな可愛いじゃん、って。

目の前で「動く」という要素も大きいとは思いますが、
あのオフィシャルの写真は、勿体ないですね。


劇場のあの距離感で生で観られるというのは
やはり最大の魅力だと思います。
目が合うとか、実際どうかは分かりませんが・・・
強ち勘違いでもないのかなと。
なんかハマるのも無理ないなぁ~
と思った次第であります。


長々と書いてしまいましたが、
普段なかなか御目にかかれない世界なので、
とても興味深い経験ができて良かったです。

なんだかんだで意外と楽しんでしまった、私でした(笑)

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。